≪ 2017 06   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2017 08 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アゾンで新作キャラドールとして発売予定な坊ちゃんですが、実のところ管理人、あまりまじめに原作漫画読んだことありません(既読なのは漫画の1~3くらい…しかもブックオフでw)

が。友人から「今度の10巻はたぶん雪兎好きだと思うよー」と聞いてうっかり購入。
kuro10-01
表紙はタナカさん。ウホッ、いい執事…うん、やっぱり執事はこのくらい年取ってる方が好みですw

あらすぎるあらすじ。
シエル達の自宅に招かれた招待客が次々殺害されていく…セバスチャンまで殺人犯の犠牲に!?(ここまでは9巻の内容)。
一体犯人は…そして招かれざる13人目の客とは?今夜ついに犯人が明かされる!?

な、ちょっと推理物チックな話なわけですが。

13人目のお客さん。というかイギリスを代表する名探偵登場(笑)。
kuro10-02
ちょ、ジェレミー・ブレット!!!

ジェレミー・ブレットといえばなんといってもグラナダTVで制作されたドラマ「シャーロック・ホームズの冒険」のホームズ役として有名ですが、まさかこの漫画でお目にかかるとはw
ちなみに漫画ではジェレミー・ラスボーンという名前の牧師として登場しますが、ラスボーンことベイジル・ラスボーンも数々の映画でホームズを演じた俳優ですね。

kuro10-03
あーそうそう!こうやって足組んで両手合せながら依頼人の話聞くのが様になってるんですよね~vv

まあこの人が出てきた時点でなんとなく予測はしていましたが、結局殺害のネタとしてはホームズシリーズの名作そのまんまでした。

個人的にはこのあたりのホームズが漫画のモデルのイメージに近いかな~ドラマの方が若干若いですが。撮影時期によって髪型とか結構違うんですよね。


ホームズはアニメ化・漫画化・映画化などもされていますが、いまだにこの人の演じるホームズが一番「ホームズらしいホームズ」だと思っています。

というわけでシャーロック・ホームズファンは思わずニヤニヤしてしまうキャラクター、ジェレミー・ブレットラスボーン牧師が大活躍する第10巻でした。

え、セバスチャンですか?まああまり書くとネタバレになりますので気になる方は書店にて。あー、でも話の展開的に、一回こっきり使い捨てキャラになってしまいそうだ…orz

この記事へコメントする















紺(こん)

Author:紺(こん)
FC2ブログへようこそ!





ご興味がありましたら、どうぞよろしくお願い致します。

momoko「アンティークドリーミング(通常版)」未使用品を出品しました。(12/29[日曜日]夜終了予定)
マイ・オークションをごらんください




Twitterボタン
Twitterブログパーツ




Flickr My Photostream



2008071802263914

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。